top of page

アセンションのために用意された「皇」の道(アネモネ2020年7月号)

一人ひとりがスメラミコトになる時代


令和に入り、世の中が大きく変わりつつあるいま、

私たちが日本の建国の真実を知り、ルーツを理解することは、

とても重要な意味をもってきます。

コロナ禍において、他国に比べて日本人の死亡率が著しく低いことから、

日本人の気質や在り方などに世界の注目が集まっています。

高度な医療、平等な健康保険制度、清潔好きな国民性など——

3次元的にはこのようなことが挙げられると思います。

ですが、本当はそれだけではありません。

日本には祈りがあるのです。もちろん、世界中に祈りはありますが、

日本には脈々と続く、「皇」の祈りがあるからなのです。

令和元年10月22日、天皇陛下の即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が行われました。

前日から風雨に見舞われていた東京でしたが、儀式前に晴れ始め、

皇居をまたぐ形で大きな虹が現れたことは、

記憶に新しいかと思います。

世界中の要人が集まっていた日本の伝統儀式の日に、

世界中が神話のような風景を目撃したのは、決して偶然ではありません。

日本とは、一体どういった霊的背景をもつ国なのでしょうか。

私たちにとっては当たり前である万世一系の天皇制や、

国家「君が代」などには、祖神が私たち人間に託した神勅が隠れていました。

今回は、皇道研究家で、天意を受けて

絵本『きみがよものがたり』を世に出した、たちばなのりとしさんにお話を伺いました。

 

記事本文(抜粋)





 

この記事は月刊アネモネ2020年7月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版で今すぐお読みいただけます)




Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page