top of page

Part3 オープンコンタクト編 | 2025年、ついに宇宙種族と公的遭遇!――――(2024年3月号)

さて、Part3は、アネモネ読者の皆さんが最も関心を寄せるところの「オープンコンタクト」についての章です。チャネリングやテレパシー通信、夢の中で、あるいはホログラムによる個人的な遭遇体験を持つ人は、年々増えていっていますが、物質レベルで生身の遭遇はまだまだ少数派。

オープンコンタクトとは、そんな生身の遭遇が公衆・大衆の面前で行なわれる、というもので、ゼウ氏の言う“われわれのプラン”では、2025年、つまり来年です!


他の予測者よりもかなり早い設定になりますが、その理由をひと言でいえば、地球人覚醒のための“ショック療法”なのだとか。ゼウ氏いわくの“われわれによる介入”の最たるものが、このオープンコンタクトといってもよいでしょう。25年を目前に控えたいま、その詳細をゼウ氏に改めてお聞きしました。


 

目次

  1. いまの政府ではない新しい政府が直接応対

  2. ポールシフトの前に行なわれる必要がある

  3. 世界同時多発的に起こる国によって現れる種族が異なる

  4. 突如、宇宙存在とのコミュニケーションが始まる人も

  5. 宇宙の源・ゼウ氏に聞いた!「十」は源とつながるってホント?

 

誌面イメージ







 

この記事は月刊アネモネ2024年3月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



תגובות


bottom of page