top of page

高次の地球になったときに霊太陽は姿を現す(2023年5月号)

惑星意識は魂の構造


総力を挙げて、太陽の真実をお伝えしてきた今回の特集。

それは半田広宣さんの登場で収束に向かうどころか、

壮大なスケールへとさらに拡張!

半田さんは、冥王星の意識体オコツトとの長年の交信記録を体系化し、

「ヌーソロジー」を構築されたことで知られていますが、特集に際して、

さまざまなオコツト情報を教えてくれました。

いわく、太陽系とは人間の意識そのものであり、

太陽の本質である〝霊太陽〟とは、万物を支配する象徴である――。

霊太陽が姿を現すためには、〝太陽の民族〟の力が必要である――。

それは地球を経由して、太陽系の端から端までをつなぐ高次元のメッセージ。

半田さんをとおしてオコツトが明かした真実を、

重要な受け取り手であるあなたに、お届けします。

 

目 次

  1. ヌーソロジーには、太陽系意識が深く関わる

  2. 人間の意識は天王星霊から始まった

  3. 冥王星存在オコツトから交信が始まった理由

  4. NASAが公表しない惑星Xの存在

  5. 太陽系すべてをシフトさせ宇宙の中心となる地球

  • 私たちが知る宇宙観は間違い太陽系意識によるペア構造が正しい姿

  • 第6階層まで上昇したらアセンションするか、見送るかを選べます

  • 太陽系意識の豆知識

  • 日本人が太陽民族として真に覚醒するために"

 

誌面イメージ



 

全文公開中!


アネモネWEBー過去の特集記事にて全文を公開しています。ぜひ、この機会にアネモネの世界にどっぷり浸ってみてくださいね。



 

この記事は月刊アネモネ2023年5月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



Comments


bottom of page