宇宙人から教わった“意識”の使い方(アネモネ2021年8月号)

UFOを800機以上製造したコンタクティが明かす地球人進化の鍵


UFO&ETコンタクティと呼ばれる人は世界中に多くいます。

しかし、秋山眞人さんほど、貴重な体験を数多く重ねた人物は、

決して多くはないでしょう。

宇宙人とテレパシーのみならず、複数回、肉体的にも接触を持ったほか、

200回以上も肉体をともなったUFO乗船体験をし、

操縦やさらには“UFO製造”まで行い、

太陽系の星々や、魂の故郷であるカシオペア座の惑星までも

“体ごと”探訪されています。

さまざまな星人が学ぶ宇宙学校にも通って

多くの叡智や宇宙哲学までも修学され、

まさに現代版のジョージ・アダムスキーとも呼べる秋山さんに、

地球人が銀河人となるための鍵である「意識の進化」に関して、

宇宙人から学んだことを教えていただきました。

 

目次


1.これまでの主だったコンタクト体験

2.UFOの操縦法と製造法

3.3機のマイUFOが常に東京上空に待機している

4.実際に地球を訪れている3タイプの宇宙人

5.宇宙人とのテレパシー

6.宇宙人から受けた意識教育のメリット

7.宇宙人は意識を49に分けて、同時に認識することができる

8.意識をひとつではなく、いろんな人格の「束」

9.意識進化に直結! 多次元セルフを同時認識

10.秋山さんの宇宙人お宝情報

  • 地球人に目撃されたUFOは廃棄処分になる!2

  • 過去人(先祖)と未来人(宇宙人)のつながり

  • 母船で食べた宇宙食は「高たんぱく質+脂溶性ビタミン」

  • 宇宙人は物や人に名前を付けない

  • 地球人が銀河人になるために必要な太陽系共通語

11.本物のUFOを呼ぶ方法

 

誌面イメージ






 


この記事は月刊アネモネ2021年8月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版で今すぐお読みいただけます)