top of page

太陽系意識を開いて意識の反転を起こす「ヌーソロジー」で、地球人型思考を脱出し、5次元思考へ!(2023年1月号)

物質と霊性の統合


自動書記特集の最後におくるのは、

ヌーソロジーの創始者として知られる半田広宣さんの記事です。

1985年、半田さんの身に突如起こったオリオンの「ノミ」との交信、

続いて現れた冥王星の「オコツト」との交信は約7年間にも及び、

その子細な記録をもとに、半田さんが30年間かけて構築した

宇宙哲学こそが「ヌーソロジー」です。

オコツトとの交信内容は、

知られざる宇宙の真理やこの世の成り立ち、

地球型の思考から5次元的思考へのシフト方法など、

いまの時代こそ必要な宇宙の叡智のオンパレード。

また、その半田さんの交信に先駆けて、

同じオリオンの「ノミ」から

半田さんのご兄姉が自動書記で、

“あるもの”の設計図やメッセージを受信していたのだとか。

その“あるもの”とは……?

自動書記の多様性や可能性とともに、

“ 意識の反転”を起こす5次元への意識革命である

ヌーソロジーのエッセンスを半田さんに伺いました。

 

目 次

  1. 自動書記で降りた設計図はタキオンエネルギー発生装置

  2. オリオンの逆側にいる“スマル”が次元上昇を妨害

  3. 頭に埋め込まれた正四面体の“光の起源”

  4. オリオン星を訪れたら半田さんのETセルフがいた

  5. 外に見えている宇宙は自分の内的宇宙の現れ

  6. ヌーソロジーは地球型の意識や思考から脱却する学問

 

誌面イメージ




 


この記事は月刊アネモネ2023年1月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



Comments


bottom of page