top of page

天皇が引き継ぐ霊力と、万世一系の血筋を守る人々(アネモネ2020年7月号)

「明治天皇すり替え」を未然に防いだ鍋島藩の神なる活躍


「田布施システム」という言葉をご存じでしょうか?

明治維新以降、日本を動かす政治家は、山口県にある小さな町である

「田布施町から輩出されるシステムが構築されている」とされるものです。

この説の背景にあるのは、長州藩が明治天皇を、本来の皇太子ではなく、

田布施出身のある志士とすり替えたとする「明治天皇すり替え説」です。

では、「万世一系の天皇の血筋」は、

明治維新とともに途切れ、天皇は「神の力」を宿さなくなったのか?

長年、論争の的となった「明治天皇すり替え説」の真相を

理論物理学者の保江邦夫さんが、ここに明かします。

保江さんが語る「天皇の神秘なる霊力」とはどのようなものなのか。

また、他国にはない、「君民一体」とはどのようなものなのか。

はるか縄文時代に原点を見る社会の在り方を見ていきましょう。

 

記事本文(抜粋)





 

この記事は月刊アネモネ2020年7月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版で今すぐお読みいただけます)







Commentaires


bottom of page