top of page

ヌーソロジーで読み解くカタカムナ6500年ぶりに人類は「アマウツシ」(幅)から「カムウツシ」(奥行き)へ――――(2023年9月号)

深めて愉しむカタカムナ


1989年、

冥王星の意識体オコツトとの

交信を開始した半田広宣さんは、

難解な情報を解読するための方法を、

カタカムナに求めました。

楢崎皐月さんに師事してともに研究を進めた

宇野多美恵さんと出会い、

オコツトからの情報とカタカムナの世界観は、

まったく同じものであると確信したのです。

それから30年以上経った現在、

ヌーソロジーとカタカムナの共通点、

カタカムナ人の宇宙観、

カタカムナの中で最重要といわれる

第5首に秘められた謎、

そして日本語を使う者に託された

重要な使命についてなど、

深い内容をお話しいただきました。

 

目 次

  1. 物(もの)は霊であり精神だった古代日本

  2. メビウスの環のように生きたカタカムナ人たち

  3. トキ・トコロ・ヒトはかつてひとつだった

  4. 共通する〝幅〟と〝奥行き〟の概念

  5. ウタヒ第5首に秘められた「アウノスへ」の重要性

  • ヌーソロジーで読み解く!「カムウツシ」と「アマウツシ」の意味

  • 半田さんが教える!スサノオが持つ刀剣名の由来

  • ヌーソロジーで読み解く!カタカムナウタヒ第5首の秘密

  • ヌーソロジーとカタカムナをつなぐ4つのキーワード


 

誌面イメージ




 

この記事は月刊アネモネ2023年9月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



תגובות


bottom of page