top of page

【フル記事】宇宙霊憑依(ひょうい)をクリアリングする隕石パワー(2022年5月号)

〜同じ母星のエネルギーが作用して本来の状態に戻る〜


「人霊の憑依の場合は大抵、天然石で徐霊できますが、宇宙霊憑依の場合は、隕石でないと取れないんです」と教えてくださったのは、クリスタルヒーラーのマユリさん。


これから私たちは、宇宙人スピリットが自分のオーラと融合して共存する「ボディシェア」を経験していくことになるのだといいますが、宇宙人スピリットのすべてが高次元のガイドだというわけではありません。


何らかの目的で地球にやって来たあと還れなくなり、地球人の体を棲み処としている存在や、人について好奇心や自らの思いを満たしている存在も……。そう、“ 宇宙霊憑依”です!ここでは、そんな宇宙霊憑依を取るための隕石の使い方や、人霊憑依との違いをお聞きしました


お話◎マユリさん 取材・構成◎編集部 文◎中野洋子 イラスト◎菊池竜也、ツグヲ・ホン多

 

目 次


 

寺澤貴子さんのプロフィール写真

サイキックリーダー、クリスタルヒーラー

マユリさん

MAYURI

Profile

まゆり◎ヘヴンリィクリスタル主宰。2,000人以上のオーラを霊視した経験から、あらゆるヒーリングに必須の透視能力を誰もが習得できるように独自の教授法を確立。サイキックリーディング講座、クリスタル前世セラピー講座、ペンデュラム講座などを開催するほか、

確かな霊視能力や独自のサイキックセラピーにより、引きこもりや心身不調、婚活や転職、株の売買など、多くの人の現実好転と霊的成長を促す。遠隔リーディングにも定評がある。TRINITY WEBで記事連載中。

 

隕石は宇宙から来た生命体大半が地底マントルに存在


鉱石好きだった私は、独自に石のパワーや人体への効力について探求し、チャクラ調整やヒプノセラピーなどに利用していました。宇宙から飛来した隕石のエネルギーの強さは、地球の石たちとは別格で、種類が違えば周波数も異なります。


私はもともと霊感が鋭かったのですが、多くの隕石を扱うことで霊的な能力がさらに高まり、別次元

の存在を見分けられるようになりました。隕石によってリーディングやチャネリング、クリアリングの精度が上がったことは確かです。


 さまざまな星から来た隕石は、いわゆる“地球外生命体”です。素材は鉄、岩石、混合物などがあり、なかでも特に鉄隕石は意識を持っていると感じます。隕石のことを「意識体」「エネルギー体」といってもいいでしょう。


 さて、隕石が最も多く飛来したのは、原始地球時代。46億年前の太陽系は、小惑星や彗星があちこちで衝突し、大量の隕石が飛んできて、誕生したばかりの地球のマグマオーシャンの中に落ちていました。かなり巨大なものが多かったはずで、その頃に飛来した隕石たちは、地球深部のマントルに棲息しています。


海底火山の噴火などによって、それらが地上に現れてくる可能性もありますが、溶岩に混ざっているの

で、隕石と物理的に認識されることはないかと思います。しかし、それら地球深部にある隕石は、生命体です。地球に属する生命のうち、動植物や人間のように地表で生きるものはわずかで、大半は地球内部に存在しているのです。とはいえ、太古に来た隕石たちがいるのは周波数の異なる次元で、人類にさほど興味もなく生きていると思います。


私たちが日頃、人間の皮膚表面にいる常在菌の存在を意識していないのと一緒というわけですね。逆に、人類と関係を持ちたがるのは、わりと最近(20万年前頃)に地球へ来た意識体です。


 

宇宙スピリットの憑依は同じ母星の隕石で解消


私は、主に2つの目的で隕石を使います。ひとつはプロテクトとして。自らの心身をネガティブなエネルギーから守るために、隕石のブレスレットなどを身に着けています。


 たとえば、その日セッションに来る方のエネルギー状態を先に察知し、プロテクトに必要な隕石を選んで予め身に着けるようにしています。仕事上、宇宙的な感覚を開くためには、堅実なガードをしておく必要があるわけです。


隕石はとにかくエネルギーが強いので、ほかの石では何も感じない人も、隕石を身に着けると、目が回る、クラクラするといった体感を口にします。私は、3〜4種類の隕石を平気で身に着けているので驚かれますが、少しずつ慣らしていけば、誰でも着けられるようになります。


 もうひとつの目的が、除霊です。何者かに憑依され、心身の不調に悩む方が、コロナとともにここ2年で爆増したのです。それは、幽界の扉が開いて人霊が地上に押し出されてきたこととも関係しているようです。


 多くの方のセッションをしていて、人霊や動物霊などの単純憑依は水晶やアメジスト、セージなどで取れるのに、地球の石がまったく効かないケースがありました。それは、宇宙から来た意識体が影響していたのです。つまり、宇宙スピリットが憑いた状態、「宇宙霊憑依」です。


人と異なる周波数のエネルギーが、その人のエネルギー体に入り込んで不調和な状態になり、頭痛、体調不良、うつなどを引き起こしていました。このケースで除霊の役目を果たすのが、宇宙から来た隕石なのです。


 憑いている意識体の母星と周波数が同じ隕石を持つことで、憑依状態が解消されます。これは「同種のものが治す」というホメオパシーの原理で、私は必ずペンデュラムでリサーチし、憑いている意識体に対応する隕石を厳選しています。このリサーチが正確でないと、憑依は取れませんから。


 

巨大な星“ティア”の衝突で月が誕生!


月の誕生に関して諸説ある中、最も有力とされるのが巨大衝突(ジャイアントインパクト)説。45億年前の原始地球に、火星サイズのティアという原始惑星が激突しました。ぶつかった衝撃で、破片が宇宙空間に飛び散り、誕生したのが月です。地球に来た最大規模の生命体ティアは、地球の最も深い部分に収まっています。(マユリさん)


 

宇宙スピリットの除霊は本来の居場所へ戻すこと


除霊目的で主に使う隕石は、ギベオン、リビアングラス、モルダバイト、ムオニオナルスタ(上述4種はP31囲み)、テクタイトの5種類です。人霊の場合は、その人から離れさせる「除霊」なのか、霊を天へ還す「浄霊」なのかを区別しますが、宇宙霊の場合はそういった区別はありません。地底から来たものは地底へ、空から来たものは空へ、本来彼らがいるべき場所へ戻ってもらいます。


 ここでは便宜上、「除霊」という言葉で統一しておきましょう。これまでの独自の研究でいうと、ギベオンで取れる意識体は龍のような姿で、よく空を飛んでいます。リビアングラスで取れる意識体は、水龍や水蛇のようなイメージで、水辺でその姿を見かけることがあります。


 あくまでも、そのような傾向が見られるということ。いろいろな意識体がいて、個体差もありますので、明確な分類は難しいといえます。それゆえ、ペンデュラムで絞り込み、正確にリーディングすることが不可欠になってくるわけです。


たまたまビジョンでその意識体の母星の姿を見ることもありますが、通常は彼らがどこの星から来たのか、詳細はわかりません。とにかく彼らにはいち早く去ってもらうことが、宇宙霊除霊の鉄則。地球霊のように諭しや説得が通用しないので、関係ないことに興味本位で深入りするのは、とても危険なのです。


 宇宙霊を除霊するには対応する隕石を身に着けていればいいだけなので、簡単そうですが、場合によっては、宇宙霊が隕石を嫌がって本人とのせめぎ合いになることもあります。あるクライアントの事例ですが、身に着けていた隕石(ブレスレット)を無自覚のうちにベランダに放り投げたらしく、紛失したと思っていたら、後日ベランダで見つかったということもありました。


無意識にそんな行動に出ることがあるので、本人には憑依現象を説明し、隕石を身に着ける必要性を自覚してもらったうえで、肌身離さず持ち続けてもらうようにします。それができれば、強制的に宇宙霊は離れていきます。


 私が宇宙霊と呼ぶ多くの意識体は、大気圏を超えた上空に存在しており、人工衛星が飛行するあたりを拠点としているようです。宇宙霊憑依という認識があっても、3次元のものと周波数がかなり違うので、人霊が見える霊感体質の人でも宇宙霊は見えないようです。


 

星に還れない宇宙霊が地球にとどまっている


地球の歴史では、さまざまな神が登場してきました。エジプトやメソポタミアがひとつの文明として栄えた時代は、皆さんもご存じのように地球外生命体(宇宙人)がその地域に来て、人類に多大な影響を与える神として、崇められていました。


 しかし一方で、ネガティブな影響をもたらすと、そんな神はたちまち魔物、悪魔、妖怪などと異なる呼び方をされてきました。よってそれらももともと宇宙から来た存在です。私が宇宙霊と認識している存在は、還り方がわからなくなってしまったり、すでに故郷の星が消滅して還るところがないという理由で、仕方なく地球にとどまっているものもいるようです。


このように、地球には宇宙由来の生命体がたくさんいるのですが、人類の感覚器官がそれらを認知するようにできていないので、気づかないだけなのです。私の感覚では、そのへんにわんさかいますよ(笑)。


 私に見えている宇宙霊の姿というは、いかにも龍だったり、尾の長いフェニックスだったり、頭が動物で体は人間だったりと、さまざまです。見た目は人間そのものという存在であったとしても、宇宙の周波数というのを持つものもいます。


 いま私が述べたそれらの意識体と同じ姿のものを、ギリシャやエジプトなど、古代遺跡のある地域で何度か目撃したことがあります。神殿遺跡の柱が残っているところで、彼らはよく空を飛んでいますから、古代に神だと称された存在はやはり柱に降りてくるのだと思いました。


 

宇宙霊に憑依されやすい人の特徴


●社会的に成功しているリーダー

●人脈が広い

●SNSで多くの人に影響与える

●注目度が高い

●インフルエンサー

●夢を叶えたいという願望が強い

 

悪影響を受けなければプラスに転じる憑依ケースも


 上空を住処(すみか)とする宇宙由来の意識体の中には、地球人の様子をずっと伺っていて、関わりを持ちたいと思っているものが少なくないようです。彼らは人間の肉体を通して、さまざまな体験をしたいがために、たまたま波動の合った人に憑いてしまうのだと思います。


宇宙霊が憑依した状態になると、一瞬ポジティブな変化が見られます。それは宇宙的なエネルギーで、ちょっとした覚醒状態になるからです。極端なことをいうと、脳内の中枢神経を刺激する薬物を乱用したときのような症状に近くなります。つまり、うつ症状だった人が元気になる、パワフルで活動的になる感じです。


 ところが、度を超すと次第に怒りっぽくなったり、攻撃的になるので、やはりマイナスです。不調和な状態なら、除霊したほうがよいわけです。なので、私が除霊を行うのは、本人の自己申告により、あくまでも困っているという場合だけです。


エネルギーの感受性は個人差があって、宇宙霊がいても平気な人、何の支障もない人がいます。憑いて

いる意識体とのバランスが保てれば、不具合は起きてこないので、憑依のままでもベストな関係を築いていればいいと思います。


その場合、宇宙的なエネルギーがプラスに働いて、能力が開花したり、覚醒するということが起きることもあるでしょう。隕石も同様で、強過ぎるとエネルギー酔いになり、不調和を生むこともあります。


しかし、徐々にエネルギーに慣れていくことで、進化をサポートしてくれるようになります。そして、隕石を身に着けることで、その人にとって必要な、プラスの変容をもたらしてくれるのです。



 

宇宙霊憑依と地球霊憑依の違い


宇宙霊憑依を取るのは宇宙由来のものに限る!


憑依は大きく分けると2種類あります。ひとつは地球霊憑依。これはもともと地球人だったスピリットで、いわゆる成仏できていない不成仏の霊と呼ばれるもの。もうひとつが、宇宙からやって来たボディを持たないスピリットによる、宇宙霊憑依です。地球霊憑依は地球の地質である水晶で憑依解除できますが、宇宙霊憑依は地球のものでは解除できません。


また、地球霊に憑依された場合と宇宙霊に憑依された場合とでは、心や体に及ぼす影響もまったく異なってくると、マユリさんは言います。どんな違いがあるのか、さっそく比較してみていきましょう。



●宇宙霊憑依されたあとの変化

憑依されると、うつな人が元気になり、ハイテンションで覚醒したかのように。一見ポジティブになるが、次第に攻撃的になっていく。その後体調不良や精神不安定に見舞われる。いわゆる覚醒剤の作用に似ている。頭痛や過呼吸、胸の痛み、パニックなど上半身に不調が出るのも特徴。


●地球霊憑依されたあとの変化

霊体の感情がうつるので、怒っている霊が憑くと怒りっぽく、悲しんでいる霊が憑くと絶望感にとらわれるなど、自分の感情に影響がおよぶ。常にローテンションで体がだるく気分もふさぎがちになり、物事や周りのことに興味や関心がなくなる。いっさいやる気が起こらなくなる。





 

この記事は月刊アネモネ2022年5月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)




Comments


bottom of page