top of page

龍神の力で初めて開いた!シャンバラの封印解除――――(2023年12月号)


アセンションや覚醒において欠かせないものに、“封印解除”があります。

人の意識や特定の場所などに“閉じ込められていたもの”を解放することをいいますが、

地底世界の最奥部にある“シャンバラ”の封印解除を行なったのが、

龍神レイキの川島伸介さんです。

サナトクマラを地球に受け入れた国くにとこたちのかみ常立神が本体の中今悠天さんいわく、

川島さんはクマラの分わけみたま霊12人のうちのお一人で、

シャンバラの封印解除を天命のひとつとして、生を受けたのだといいます。

はたして、シャンバラの封印解除とはどのようなものなのか、

どんな意義があるのか。

中今さん、川島さんとの対談をお届けしましょう。


取材・文・構成◎中田真理亜( 編集部) 撮影◎高谷けんじ

 

目次

  1. 封印度マイナス80%から現在はプラス85%まで解除

  2. 金星の真善美のエネルギーをサナトクマラが丸い石に保管

  3. 地球の龍脈を開くために龍神レイキが必要だった

  4. 龍は太陽系神界まで鳳凰は銀河系神界まで


 

誌面イメージ





 

この記事は月刊アネモネ2023年12月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



Comments


bottom of page