top of page

龍族の秘密(2023年7月号)

シリウスの龍が語る、日本人の原点とアマテラス太陽信仰の理由


私たちはさまざまな星を経由して旅をしている存在です。

ヒューマノイドとしての起点はリラといわれていますが、

龍族としての故郷はシリウス。

そして、いま現在日本人である私たちは、一人残らず皆、

黄金に輝く龍であったのだと、銀龍族の末裔ポロハウ長老は言います。

“ 人間という器の中でさまざまな経験を積んでいる龍” — —

ポロハウさんの龍の言葉は、遠い星の記憶を甦らせてくださると同時に、

なぜ日本が皇室を冠し、皇室への自然な敬意が湧き起こるのか、

そして、なぜアマテラスや太陽を信仰をしているのか、

日本人としての原点に光回帰させてくださいます。

それは、シリウスや龍族のこと抜きには

決して紐解くことができない、秘密の玉手箱。

ニュージーランドへ帰国されるというその日に、恩寵により、

ポロハウ長老と、ワイタハグランドマザー評議会の一員、中谷淳子さんに

私たちが知るべき貴重なお話を伺うことができました。

いままでのアセンション観が、一新されることでしょう。

 

目 次

  1. シリウスは龍の息でガス状に

  2. 世界人口の13%が龍族

  3. 龍族は霊統ではなく血統

  4. 超古代文明はシリウスの都市

  5. 天皇と龍どうしで交流

  6. アマテラスは初の龍神人

  7. シリウスのアセンションが本命

  8. 龍に戻ったとき残りの脳も使える

 

誌面イメージ



 

全文公開中!


アネモネWEBー過去の特集記事にて全文を公開しています。ぜひ、この機会にアネモネの世界にどっぷり浸ってみてくださいね。




 

この記事は月刊アネモネ2023年7月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



Comments


bottom of page