top of page

腸内に5次元菌が棲息していることが判明!(アネモネ2021年12月号)

ネオ縄文時代へとシフトする古来の叡智


縄文人は霊性が高く、ワンネス5次元文明を築いていたということは、

これまでアネモネでもたびたびお伝えしてきていますが、

その理由も腸内細菌にあるといえそうです。

約100兆個といわれる腸内細菌の中には、なんと5次元と行き来している菌がいて、

古代の日本人は日常的にそれらを摂取していたことを、

青森東方クリニックの院長にして「O -リング」の正式な免許皆伝者、

穴水玲逸さんが徹底して究明されています。

腸内の5次元菌が増えれば、私たちは簡単に5次元化していけるーー

興味深い5次元菌の話や増やし方など、ネオ縄文時代へとつながる

アセンション腸活について、穴水さんに教えていただきました。


 

目 次


  1. 5次元菌が最も多いのが大麻、次がマコモ

  2. 摂取してはいけない食品BEST4

  3. 5次元菌は空間から湧いてきている

  4. HOW To O-リングテスト

  5. 縄文人は腸脳(超能)力を使い5次元で暮らしていた

  6. 有機栽培の米や野菜には抗生物質が!

  7. チャネリングの精度も腸内の5次元菌で決まる

  8. アセンション腸活の神髄

 

誌面イメージ





 


この記事は月刊アネモネ2021年12月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



Kommentare


bottom of page