top of page

知性を持った霊性植物「麻の真実」と地球&人類創世の秘密(アネモネ2021年7月号)

臨死体験とプレアデスの記憶からひも解く「宇宙縄文」


縄文時代の定説よりもっと古い時代に、

「原始縄文」と呼ぶにふさわしい文化があり、

それは、宇宙人による、地球人類の創造だったーー。

このようにお話しされるのは、

日本における大麻研究の第一人者で、

縄文エネルギー研究所の中山康直さん。

そして、人類創造と切っても切れない関係にある、

知性を持った宇宙植物があった、とも。

それは、なんと、神道などで神具に使う「大麻」なのだそう。

これらを目撃したという中山さんに、詳しくお話を伺いました。

 

目次


1.真実の宇宙年表

  

2.臨死体験で見た「原始縄文」と宇宙人による地球入植計画


3.原始縄文と一般縄文の違い 宇宙次元から物質次元へ

 

4.1万年過ごしたプレアデスの記憶

 ・さまざまな宇宙人の交流場所「アルシオーネ」

 ・宇宙の最重要植物「カンパライソール」は地球における大麻だった

 ・宇宙精霊「栽培マン」は縄文土偶にそっくり

 ・プレアデスで作られていた「宇宙レメディ」


5.宇宙人は麻を伴ってやってくる


6.麻の成分「カンナビノイド」は知的な生命体


7.「カンナビノイド」の本質的な働き

 ・天体と対応

 ・病気の数に対応したカンノビノイドの種類

 ・マヤのツォルキン暦に対応

 ・生体時計を宇宙時計に合わせる


8.縄文の網目模様は宇宙人のDNA


9.縄文土偶はタイムカプセル? 諸説を統合する「土偶新論」


10.500万年前の「原始縄文」の復活し、「宇宙縄文」プログラムが発動する

 

誌面イメージ








 

この記事は月刊アネモネ2021年7月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版で今すぐお読みいただけます)



Opmerkingen


bottom of page