top of page

月はETの拠点(アネモネ2019年4月号)

地球が銀河連盟の仲間入りをする日のために


宇宙時代の先駆となるはずだったアポロ計画が、

公式には1972年で終了してしまった理由。

それは、月がすでにET( 地球外生命体)たちに占拠されていることが

発覚したためだといわれてきました。

そして、半世紀弱の間、NASA( 米航空宇宙局)が隠蔽してきたその驚愕の事実が、

近年、白日のもとにさらされつつあるのです。

2033年頃に始まるとされるETとのオープンコンタクト( 地球規模での公式な接触)

に向けて、私たちは事実を知る必要があります。

UFOやET 情報に詳しいジャーナリストの上部一馬さんに、

月にまつわる謎解きから宇宙最新情報まで、ダイジェスト版で解説いただきましょう。


 

目次


  1. 月は無数の人工建造物であふれ返っている

  2. 2018年9月、太陽に無数のUFO大艦隊が出現!

  3. 月面で発見された女性ミイラ“かぐや姫”

  4. 宇宙人エアルは、旧帝国軍が地球を支配していたと告げた

  5. 宇宙人は月面で地球を監視している!?


 

誌面イメージ





 

この記事は月刊アネモネ2019年4月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版で今すぐお読みいただけます)



Comments


bottom of page