top of page

宇宙種族が棲む インナーアースの日常――――(2023年11月号)



テロスを代表とする地殻内の都市は、かつて地上人だったこともある、

私たちに近い存在が棲んでいるところ。そして、地球内奥のシャンバラは、

指導的なマスターがいる世界です。

地底世界で最も謎めいているのは、その間の「インナーアース」です。

じつはここには、故郷星を失うなどした宇宙種族たちが、

地球人が誕生するよりも遥か昔から入植し、理想世界を築いて

ずっと棲み続けているのです。


 


誌面イメージ




 

この記事は月刊アネモネ2023年11月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



Commentaires


bottom of page