top of page

“ 光を食べて”、自分宇宙を体感できる新生地球の食事法(アネモネ2019年3月号)

フルーツ食で健康美と霊性を開く


毎日の食事の内容や体質が以前と変わってきている、

と感じる人が増えてきています。

それは、地球のバイブレーションが上がり続け、

私たちが、日々、光へと近づいている証拠です。

地球人類から銀河人類へと変容を遂げているいま、

“ 光をいただく”という食事の本来の意味に着眼してみることで、

私たちの体・心・魂はスムーズにシフトしていけるでしょう。

メタ栄養学研究家の福田カレンさんが実践提供されている「フルーツ食」は、

この変容期にぴったりな光の食事法。

私たちの本質である“ 内なる神”につながるために、

食事からアプローチすることで、

より高次の美しさを放つことができる方法です。


 

目 次


  1. エネルギーが流れ内なる神とつながる

  2. フルータリアンに聞く!フルーツの真実

  3. 美しい結晶を体の中に作る第四の水の相

  4. 人間はフルータリアンとして神に設計された

  5. 内なる神につながるレシピ


 

誌面イメージ





 


この記事は月刊アネモネ2019年3月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版で今すぐお読みいただけます)



Comments


bottom of page