top of page

スピリットとの対話で、5次元世界へ!野菜の声をきくチャネリング料理――――(2024年7月号)

生物・無生物にかかわらず、存在するものにはすべてスピリットが宿っている――

そんな意識で生きていたのが、レムリア縄文をルーツに持つ私たち日本人です。


新しい地球へ移行するのに必要なのは、そんな“スピリットと対話”できる感性を甦らせること。

それを、毎日のお料理の中でできるのが、「野菜の声をきくチャネリング料理」なのです。


5次元料理家の深澤早苗さんは、ある日、野菜が自分に向かって人のように話し掛けている声をきき、野菜が人のために自分の個性を生かしたがっていること、野菜の言う通りにすると、味もエネルギーも高まってミラクルな料理ができること、そして野菜は、人の心身の状態だけでなく、過去や未来のことも知っていてアドバイスをくれることまでわかったのです!


そんな深澤さんに、野菜との対話術をたっぷりと伺いました。それは、スピリットがつながっていることを思い出す、本当の幸せへの招待状。さあ、野菜たちの導きで、5次元世界の扉を開きましょう!


 

目次

  1. 最初の会話は「そろそろ?」「そうそう!」

  2. 体調に合わせた食べ方を野菜自身が指南する

  3. 野菜の声をきいた料理はエンドルフィンが出る

  4. 音叉とも会話して幸せな感覚を取り戻す

  5. 「能力開発 宇宙おむすび」3種とは

 

誌面イメージ






 

この記事は月刊アネモネ2024年7月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版なら今すぐお読みいただけます)



Comments


bottom of page