top of page

エントロピーを逆転させることが宇宙中で地球人にしかできない超能力(アネモネ2021年10月号)

<ガイドライン>銀河と共鳴する”惑星人(プラネタリアン)”へーー


私たち地球人が、本来の超能力を使えるようになることは、

自身の可能性や未来を拓くだけではありません。

地球への貢献となり、ひいては宇宙全体へも大きく寄与することになります。

いったいなぜなのでしょうか。

その秘密は“身体意識”にある、と解説してくださるのは、

天意を受け取る体作りを伝授されている縄文パフォーマーのJUN AMANTOさんです。

私たちが惑星や銀河と連動する体質となったとき、

量子テレポーテーションも可能になり、

さらにはなんと、宇宙のエントロピーを逆転させることになる、というのです。

しかもその鍵は、日本人の体感覚や精神性であると……。

私たち地球人のポテンシャル(潜在的可能性)や能力が覚醒すると

宇宙人を超えるほどになるということは、アネモネでもたびたびお伝えしてきましたが、

その具体的な能力については触れてきませんでした。

その要について、特集の概論としてJUNさんにたっぷりとお話しいただきます。

私たちがなぜこんなにも宇宙から期待され、高次存在のサポートを得られているのか、

その秘密が開示されることになることでしょう。

 

誌面イメージ







 


この記事は月刊アネモネ2021年10月号に

掲載されています。

※画像をクリックすると購入ページへ移動します。(Kindle版で今すぐお読みいただけます)



Comments


bottom of page