top of page

〜Graceな1日を過ごせるように〜女神たちからのメッセージ第5回

Message from Goddesses


私たちの最奥に隠れた「内なる女神」を呼び起こし、マスターとなった女神たちをも内包した、女神意識とひとつになるために……grace ayaさんのチャネリングによる、愛と光にあふれた女神からのメッセージ、今月もお届けします。

チャネル・文◎grace ayaさん 編集・構成◎編集部 イラスト◎ツグヲ・ホン多


今月の女神のメッセージ

真実の愛を司るパートナーシップの女神


世界各地で収穫の感謝祭が催される11月。日本では、宮中祭祀(さいし)「新嘗祭(にいなめい)」があります。天皇陛下が神々へ、その年に収穫された新米の感謝を捧げ、ご一緒に食する日。もともとは、旧暦11月第2の「卯の日」頃だったそうですが、現在は11月23日「勤労感謝の日」として広く知られています。

子どもの健康を願う「七五三」も、平安時代からいまに伝わる古い伝統儀式です。子どもの死亡率が高かった昔は、子どもが無事に成長することが親としての切なる願いだったのでしょう。また、子どもは「7歳までは神のうち( 神の子)」として扱われていました。節目となる年齢に「無事に大きくなりました」と神さまへ、成長報告のごあいさつに伺う習わしとして現在まで続いています。


 ほかにも「いい夫婦の日」として、愛あるパートナーシップを育んでいる人たちの間でも広まっている11月22日があります。見知らぬ2人が出逢い、愛し合い、あたたかな家族になっていくことは、すべての人たちが望んでいる願いですね。

真実の愛を司るパートナーシップの女神は、ありのままの魂の光を放つようになったとき、もともとひとつだった魂の片割れと響き合うように魅かれ合い、出逢うようになることを伝えています。何回も生まれ変わりをくり返しながらも深い場所では、つながっていた真実の愛。魂の成長の中でも変わらぬ深くピュアな愛と光は、ずっとつながり輝いていたのです。時が移り、季節や姿が変わったとしても、真実の愛のパートナーは、瞳の奥から、魂でつながっている永遠の愛を知らせてくれると女神が伝えてくれています。


真実の愛を司るパートナーシップの女神

地神明の移りゆく時代の中

見知らぬたがいを求め

幾度となく求め

過ぎ去りながらも

記憶のかけらと

瞳を頼りに惹かれ合う瞬間の

未来からの知らせを

受け取りながら

天明使命を生きてきた者たちよ


愛は愛なり

愛は愛なり

愛は愛なり

全身から湧き上がる

透明な

柔らかな思いに耳を傾け

愛を、愛することに喜びながら

あなたを開いていく「時」よ


「時」はいつも瞬間と永遠の狭間で

沸き立ちながら

愛に心を開いた存在(もの)たちから

真実の愛が響き始める


深い孤独や悲しみさえ

愛に還る道と受け入れる

あなたの真実の愛に還る道を

支えてきたさまざまないままでの出逢いが

役目を終えるとき


真実の愛の始まりとなり

魂から求めていた愛に還り始める


それは、静かに

時に勇敢に

美しく

大地を照らしゆく暁の光のように


再会を果たす約束を

探して求めて

響き合う瞬間を

信じてきた存在(もの)たちよ


「時」はいま

 

シンボル ハート


女神の周波数と共鳴する色・石 色:虹色、マゼンタ 石:インカローズ


つながりやすくなるアイテム TPOにあった高価な靴

 

GRACE Healing School校長

grace ayaさん


Profile

ぐれーすあや◎幼少時から光次元存在と交流しながら育ち、自然の恵み豊かな環境の中でさらに霊的感性や能力が研ぎ澄まされる。証券会社を退職後、ヒーラーとして活動。ヒーリングやスピリチュアルを総合的に学べる「GRACE Healing School 」を栃木県と東京都で開校し、次世代のヒーラーを育てながら、個人セッションや経営コンサルタントも行う。2009年に「癒しフェスタ」を立ち上げ、毎年1万人以上を動員する実績を持つ( 現在は新型コロナのため休止)。


 

才能、直感を開花したい方

リーディング、ヒーリングが出来るようになりたい方にオススメ!

【grace aya のコース開催予定】nature communicatorヒーラー養成コース

【場所】宇都宮 or zoom 【詳細】http://www.grace-celebration.com/school/nature.html

 

※当連載記事は、2021年12月号に掲載した記事を一部改定し、転載したものになります。



Comments


bottom of page